HOME > BLOG > 仕事で手(指や手首)や肘、腕に痛みが出た 「腱鞘炎」になってしまったら 高槻市 高槻芥川YOU整骨院

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

仕事で手(指や手首)や肘、腕に痛みが出た 「腱鞘炎」になってしまったら 高槻市 高槻芥川YOU整骨院

高槻市にある整骨院、完全個別対応の整骨院「高槻芥川YOU整骨院」です。shine


先日、このようなご相談がありました。

「仕事で手や指をよく使い腱鞘炎になってしまったのですが、治るのですか?」


これまでは指や手首に痛みなんてなかったが、
現在の仕事に就いてから指や手首に痛みが出てきてしまった・・・しかし,、仕事だから痛くても使うことになってしまう・・・
こんな状況で治るのsign02

というものです。




手をよく使うことで

●指や手首の関節・関節周辺が痛む
●指や手がこわばって動かしにくい
●指が伸ばしにくい
●痛みで力が入りにくい
●腕や指、手首を使うと痛みがある
●肘が痛い
●腕が痛だるい

などの症状が現れてしまう「腱鞘炎」。



身体が仕事に慣れていないため、これまであまり使われていなかった部位が急に、継続的に使われ、
痛みが出る、ということもあります。

今回ご相談に来られた方はこのケース。



この場合、
従事している仕事に身体が慣れるまでは、
「仕事」と「仕事による疲労に対する身体ケア」はセットで行っていく必要があります。
この「身体ケア」は、痛みのある部位だけでなく、広い視野で見ていかなければいけません。

通常の、使いすぎによる腱鞘炎にも同様のことが言えるのですが、

なぜなら腱鞘炎は、「姿勢」と「体幹部の大きな筋肉の状態」と大きく関わっているからです。⇒過去記事「腱鞘炎は身体全体の状態から施術を」

また、
仕事に身体を合わせていけるよう、
身体全体の柔軟性を高める体操や身体づくりも必要となる場合もあります。






今回ご相談に来られた方は、もともと姿勢があまり良くなく、肩・肘・手の関節の並びや肩甲骨の可動性・背骨の柔軟性も悪い状態だったため、
そのような大きな筋肉が働きづらい、血行も悪い身体の状況下で、
手や指を急に、継続的に使うことが一気に増え、指・手首に負担がのしかかった。という状態でした。

高槻芥川YOU整骨院の、広い視野で行っていく施術により、
数回の施術で痛みはかなり緩和、仕事や日常生活に支障を来たすことがなくなっています。
ただ、仕事の疲労が積み重なってくると、最初のように痛くなることはないが、腕や手に疲れを感じるとのことで、
今では身体のケアに月2回通院され、当院にて施術と体操を行っております。






痛みのある指や手首(他、肘や腕など)だけの治療(塗り薬・貼り薬・固定・超音波、レーザー等医療機器・注射など)では
治らないことがほとんど。


そして、
指や手首など、手という身体の末端部位・小さな部位の痛みではありますが、「身体全体の関節筋肉のあり方」が大いに関わっているのです。












cherryblossom患者様に安心して施術を受けていただくためにcherryblossom
高槻市の「高槻芥川YOU整骨院」が行っていること

マスク着用でのお出迎え・ご説明・施術、予めご了承ください。

●患者様おひとりおひとりの施術の前後は、手洗い・手指アルコール消毒を行い常に、清潔を保つよう心がけております。

●おひとりおひとり、使い捨てフェイスペーパーを使用し、施術後の施術ベッドは毎回アルコール消毒を行っております。

●手が触れるところ(ハンガー・荷物かご・スリッパなど)はこまめにアルコール消毒を行っております。

●院内にはアルコールを設置しておりますので、ご使用ください。

●お手洗いにアルコールを設置しております。ご使用の前後に、便座・ドアノブ・床などに吹きかけ用としてお使いください

●院内は定期的に換気を行っております。

空気清浄機・加湿器を常に運転させ、一定の湿度を保つようにしております。

●「高槻芥川YOU整骨院」は常に、静かなプライベート空間マンツーマンでの施術を行っております。


「高槻芥川YOU整骨院」は完全予約制、また、おひとりおひとりのご予約枠は余裕をもって取らせて頂いております。待合いスペースが混み合うということはありません。





筋・関節の専門家「高槻芥川YOU整骨院」

代表 濵口 裕子
関西大学法学部卒
整形外科 リハビリテーション 10年勤務
2018年「高槻芥川YOU整骨院」開業
資格
●柔道整復師
●運動器リハビリテーションセラピスト
●ピラティスインストラクター
●パーソナルトレーナー











< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

Page TOP