HOME > BLOG > 顎関節症「あごが痛い・だるい」「口が開きにくい」「音がする」 高槻市 高槻にある「高槻芥川YOU整骨院」

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

顎関節症「あごが痛い・だるい」「口が開きにくい」「音がする」 高槻市 高槻にある「高槻芥川YOU整骨院」

高槻市にある「高槻芥川YOU整骨院」です。sun

当院は「完全個室」「マンツーマン施術」であり、
おひとりおひとり個別の、お身体のお悩みにしっかり向き合って対応しております。

摂津富田や高槻・茨木にお住まいでしたら
筋肉の痛み・関節の痛み・怪我・交通事故・労災など・・・
是非、「高槻芥川YOU整骨院」にご相談ください。confident





顎に何らかの症状を感じる・・・顎関節症
・顎が痛い・疲れる・だるい
・口が開けにくい
・カクカクと音がなる
・アゴ・耳の前・側頭部・首・後頚部辺りが痛む




顎関節症は、
日常生活の中で無意識に行っている癖や習慣が関わっています。danger

●噛み締め癖がある
日中気が付くと歯をくいしばっていることが多いようです。
くいしばりは、顎の関節に過剰な負担となり、顎周囲の筋肉・頭部の筋肉も硬くしてしまいます。

●口を閉じた状態のとき、ふと気がづくと、上の歯と下の歯が当たっている
 (口の中で、上下の歯を閉じていることがよくある)
上下の歯は、数ミリくらいの間があること。接しないのです。
口を閉じた状態の時も、上下の歯は当たらないのが通常です。

●食べ物を食べる時、いつも同じ側で噛んでいる
左右どちらか決まったほうだけで噛んでいる「偏咀嚼」の癖は
片側だけの筋肉や関節に負担になります。

●神経質な性格だ
●せっかちな性格だ
●職場や家庭で、ストレスを感じることが多い
ストレスは、日中の無意識のくいしばりや肩、首、背中、顔の筋肉を過緊張状態にし、
睡眠中も筋肉の過緊張が緩まず、歯ぎしりや睡眠中のくいしばりの原因になります。

●姿勢が悪い
猫背だったり、首が前に出た姿勢になっていると、首から肩、背中の筋肉が硬くなり、
背骨の硬さ・肩甲骨の硬さを引き起こし、無意識に肩に力が入った状態・何をするにも肩に力が入るといった状態になります。
肩に力が入ると、奥歯もくいしばってしまうことが多いです。






高槻芥川YOU整骨院の施術は、
少し長くお時間を頂き、
症状のある部位だけに捉われず、広く、お身体の状態を診て
全体のバランスを整えていくよう、筋肉・関節を正しい位置へ誘導していきます。

あなたの症状に合ったセルフケアも毎回、お教えしていきますので
是非、ご相談くださいませ。confidentclover








自分でできるflair
顎関節症マッサージのご紹介です。


顎関節症だけでなく、
・顔のむくみ
・フェイスラインのたるみ
・ほうれい線
・エラの張り・小顔ケア
・精神的ストレスによる疲れ
にもいいので、やってみてください。confident








< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

Page TOP