HOME > BLOG > アーカイブ > 2021年10月

BLOG 2021年10月

膝の痛み 悪化してしまう前に対処を! 高槻市 高槻にある整骨院「高槻芥川YOU整骨院」

高槻市 高槻駅近くの整骨院「高槻芥川YOU整骨院」です。paper


急に寒くなってしまって。。。bearing
と思いましたが、言うてもそろそろ11月ですもんね。maple






軟骨のすり減りもなく、関節内の損傷もないのに膝が痛む場合について、
●筋肉の状態が悪い
●筋力の低下
●骨盤-股関節ー膝関節ー足関節ー足指の関節のあり方が悪く、関節を捻らせて体重を乗せている
という場合が多いです。

まだ、ひざに「痛み」として現れてはいないが、「膝痛予備軍」という方も多く見られます。eye




まず、膝の関節は
太ももの骨と膝から下(すね)の骨とお皿と一般的に呼ばれる膝蓋骨で構成されています。
これらの骨に付着関与する筋肉は、
・大腿四頭筋(太もも前の筋肉)
・ハムストリングス(太もも裏の筋肉)
・殿筋群(お尻の筋肉)
・前脛骨筋(すねの筋肉)
・腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)

これらの筋肉がすべて働いていれば、一定部位に負担がかかるということは避けられるのですが、

姿勢や歩き方、足の着地の仕方、体重の乗せ方などが悪いと

筋肉の働き方に偏りが起き、
酷使されてしまう筋肉と、あまり使われないことで委縮し筋力の低下した筋肉で身体は構成されていきます。

このように偏って身体が構成されてしまうと、強く働く筋肉が骨を引っ張り、関節にねじれを引き起こすため
負担にならない正しい使い方で関節や筋肉を動かすことはできにくくなってしまうので、
酷使されている部位の消耗は早くなってしまいます。
あまり使われず委縮し筋力が低下した部位はストレッチ性がないため、こちらも消耗が早くなってしまいます。


消耗し、もう無理だimpactとなれば、
これが「痛み」となって現れてしまうのです。





膝に痛みが出てしまっても、立ち姿勢や歩き方、足の着き方、体重の乗せ方はなかなか変えられないため、痛みも続き、
活動的に動くことはなくなってしまうと思います。

これもまた、
運動不足となってしまうため、より血流も悪くなり、関節や筋肉の柔軟性を低下させ、

どんどんと悪循環になっていってしまうのです。






関節にねじれを起こし、膝に痛みを引き起こしている筋肉はしっかり緩め、
筋肉の使われ方の偏りを軽減していけるように、うまく使われていない筋肉は意識的にトレーニングさせていく必要があるのですよ。danger


高槻市の「高槻芥川YOU整骨院」はconfident膝の痛みに対し、
硬く委縮していたり、酷使されすぎな筋肉や関節をしっかり緩めていく、オールハンドの施術と
完全個別で細かくお教えしていくパーソナルトレーニングと

状態に合わせ、両面からアプローチさせていただきます。bud






confidentぜひご相談くださいませ。confident










cherryblossom患者様に安心して施術を受けていただくためにcherryblossom
高槻市の「高槻芥川YOU整骨院」が行っていること

マスク着用でのお出迎え・ご説明・施術、予めご了承ください。

●患者様おひとりおひとりの施術の前後は、手洗い・手指アルコール消毒を行い常に、清潔を保つよう心がけております。

●おひとりおひとり、使い捨てフェイスペーパーを使用し、施術後の施術ベッドは毎回アルコール消毒を行っております。

●手が触れるところ(ハンガー・荷物かご・スリッパなど)はこまめにアルコール消毒を行っております。

●院内にはアルコールを設置しておりますので、ご使用ください。

●お手洗いにアルコールを設置しております。ご使用の前後に、便座・ドアノブ・床などに吹きかけ用としてお使いください

●院内は定期的に換気を行っております。

空気清浄機・加湿器を常に運転させ、一定の湿度を保つようにしております。

●「高槻芥川YOU整骨院」は常に、静かなプライベート空間マンツーマンでの施術を行っております。


「高槻芥川YOU整骨院」は完全予約制、また、おひとりおひとりのご予約枠は余裕をもって取らせて頂いております。待合いスペースが混み合うということはありません。





筋・関節の専門家「高槻芥川YOU整骨院」

代表 濵口 裕子
関西大学法学部卒
整形外科 リハビリテーション 10年勤務
2018年「高槻芥川YOU整骨院」開業
資格
●柔道整復師
●運動器リハビリテーションセラピスト
●ピラティスインストラクター
●パーソナルトレーナー













1

« 2021年9月 | メインページ | アーカイブ | 2021年12月 »

Page TOP