HOME > BLOG > 痛みや疲れ・だるさ 身体が出す危険信号です。高槻駅近くにある整骨院 高槻市の高槻芥川YOU整骨院

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

痛みや疲れ・だるさ 身体が出す危険信号です。高槻駅近くにある整骨院 高槻市の高槻芥川YOU整骨院

摂津富田・高槻周辺で整骨院をお探しでしたら
筋・関節のプロfuji
丁寧な施術と細かいお身体のご説明fuji
高槻市にある「高槻芥川YOU整骨院」へflair



※当院は消費税変更後、税抜金額が減額となり、変わらぬ施術料でご案内いたします。(一部変更あり)










朝起きたとき、身体が痛い・・・saddash


こんなことはありませんか?



眠っているのに身体は緊張状態で
身体中がより、凝ってしまっている状態です。

また、

身体は平たい板ではないため、
背中や肩甲骨などの凸部位に体圧が集中し、圧迫が起こり
痛みやシビレを引き起こしてしまいます。
反対に、
背骨や腰部は凹部位となり、重力がかかるため
支えなく下へ下がろうとする力が働いてしまいます。
横向きでの寝姿勢では、
肩・肩甲骨がラクな方へズレ込み、肩の巻き肩位置を助長させてしまいます。


これが、
起床時は身体のあちこちが痛い・・・の原因です。








朝起きたらまず、固まった筋肉を緩めましょう。shine

そこでおすすめなのが「シェルストレッチ」




ただ丸まって
ゆったり呼吸を行うだけpaper




呼吸の仕方がポイントです。




身体を丸めた状態で
背中側に空気を入れていきましょう。

鼻から吸って、背中を膨らませていく。(〇の部分を膨らますように)



筋肉の緊張状態が強いと、背中が膨らむ感覚がわかりづらい場合があります。
その場合は、
身体のサイド部分を膨らますようにしてください。






背中や脇腹あたりを膨らますように呼吸を行うと肋骨が動き出します。

肋骨に動きが出ると、
肋骨が繋がる背骨ひとつひとつも緩み、
肋骨に乗っかるようにある肩甲骨の周囲も緩み始めます。


始めはまだ、筋肉の緊張が強くコリ固まっているため
肩での呼吸になったり(呼吸をすると肩が上下に動く)、首の位置が定まりにくかったりしますが
背中・脇腹を膨らます呼吸を少し続けてみましょう。flair

しばらくすると
固まってぎこちなかった身体に緩みが出て
呼吸も入りやすく、肩もリラックスしてきて、首にもラクさが現れてきます。




https://www.facebook.com/youseikotu/videos/vb.100003043568194/1624530427658394/?type=3 ←こちらをクリック





●朝、起きるのがツラい
●噛み締め癖がある・歯ぎしりをする
●朝起きてしばらくは身体中が痛くて動きづらい
●寝たのに身体がだるい

精神的・肉体的に
身体が休息を求めるサインでもあります。danger




●働きすぎや激しい運動後
●不規則な生活
●加齢による代謝の低下
●精神的ストレスによる脳の疲労
これらは筋肉を緊張させ、関節・骨格のズレを生み出し
全身的倦怠感・疲れが取れない・慢性的な肩こり首こり・むくみ・肌荒れを引き起こす要因です。danger




高槻市のJR高槻駅近くにある「高槻芥川YOU整骨院」は
筋肉の緊張を緩め、関節・骨格を正しい位置に誘導していく施術paper

お気軽にお問い合わせくださいませ。bud




< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

Page TOP